pet検査最前線!


pet検査最前線

pet検査は、がん検査の一種です。
がん検査としては、内視鏡検査などさまざまな検査がありますが、このpet検査は、早期のまだ進んでいない小さながんでも検出することが可能です。

がん細胞は、異常に分裂のスピードが速い細胞なのですが、その増殖のために大量のブドウ糖を消費します。普通の細胞と比べて、数倍ものブドウ糖を取り込みます。pet検査は、このガン細胞の性質を利用して、がん細胞を発見するのです。

検査方法、特殊な検査薬を検査する人の体内に投与して、一定時間後に撮影します。ガン細胞が体内にあると、その箇所にマーキングされますので、ガン細胞があるかどうかがひと目で分かります。

ただし、このpet検査は、ブドウ糖の消費が激しい臓器、あるいは、ブドウ糖が集まりやすい箇所に発生するがんについては、検出が難しいです。例えば、脳や心臓、腎臓などです。このような場合には、他の検査方法も併用してがんを判断することが大切になります。

知っておきたいpet検査最新情報

がんを早期に発見する際に、pet検査(陽電子放射断層撮影)が威力を発揮します。

がん細胞は、通常の細胞と比べて異常なスピードで増殖しますが、その増殖のために、多量のブドウ糖を必要とします。正常の細胞と比べて、3~8倍ものブドウ糖を取り込むと言われています。
pet検査は、上記のがん細胞の特質を利用してがん細胞が存在するかどうかを検査するものです。具体的には、ブドウ糖に類似した、FDGと呼ばれる物質に、放射性同位元素をつけた薬剤を付与した、特殊や検査薬を使用します。この検査薬を人体に投与してから約1時間後に撮影し、FDGが多く集まる場所を画像で特定します。

通常の検査では発見できない初期の小さなガンも、このpet検査によって発見できる可能性があるため、ガンが進行して大きくなる前の、無症状の状態でも早期に発見することが可能となります。
また、pet検査の画像とCTの形態画像を融合させることにより、がんの位置をより高い精度で検出できる、PET/CT検査というものもあります。